読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も3時間寝て過ごした。

気持ちを落ち着かせて、かつミニマルに生きたい半年限定の学生ブログです。

失恋したので復縁相談サイトを利用してみました。

お久しぶりです。

ぽたますです。

 

この度失恋をしました。

遠距離恋愛の記事なども書いていましたが、

付き合って2年3か月(内、後半遠距離恋愛10か月)でお別れをすることになりました。

枯れないと思っていた涙も枯れました。

そしてどう血迷ったか、めちゃくちゃ怪しい下記のサイトを利用してみました。

soudan-fukuen.net

結論から言うと、

自分の状況を把握するのにとても役に立ちました!

復縁を望まなくても失恋という現実に向かい合うのにはもってこいのサービスだとおもいます。

 

現在の私の状況と照らし合わせながら、レビューしていきたいと思います。

 

別れのきっかけ。

10か月の遠距離恋愛をしていましたが、

私は仕事を辞め、精神をぶっ壊したまま実質フリーターになりました。

常に仕事人間の彼に、私の存在はやはりかなり重くのしかかっていたのだと思います。

お互いがお互いを大事にする気持ちはありましたが、

男女の関係というよりは「情」が先立つ依存関係でした。

とにかく、どちらかがいつかは別れを切り出す状況でした。

 

少しずつですが私の病状が上り坂になり、就職や結婚など将来を考える余裕が出来たので彼にも意見を聞いてみることにして、話を切り出してみたところ。

 

責任はとれない、とても負い目があるので別れたいと思う。

とのことでした。

 

私も彼に対して負い目を持っており、私の気持ちだけで独りよがりでと一緒にいることは良くないだろうと、ひとまず電話で彼と別れることにしました。

 

そして2日間泣いて泣いて泣いて、枯れないと思っていた涙も枯れ果てた私は、眠れぬ夜深夜3時にすがる思いで「復縁 相談 無料」で検索したのでした。

 

「絶対復縁宣言」って怪しくない?

かなり怪しいと思っていましたし、「初回相談無料」とはあったけれど本当に大丈夫なのかと今でも思っています。笑

なので、メールアドレスは「捨てアド」を使って登録しました。

「初回相談」では、専用の応募フォームから「別れたときの状況」と「今の自分の気持ち」を書いて送ったと思います。1000文字ぐらい書いたと思います。

返事はその日の夕方4時には届きました。だいたい13時間後ですね。

そしてその相談の返信内容のあまりの充実感にとても驚きました!

私は初回しか利用しませんが、溢れるぐらいのお金があれば何度か利用してみようという気持ちになってもおかしくないかな、と思います。

 

何よりも、他人の目線を通して自分の失恋の理由がはっきりとすることは今後の自分のためにもとても必要なことだなと思いました。

 

明らかになった私の失恋理由

①「寂しさ」と「自信の喪失」を持たせてしまった。

遠距離になって、新卒てで仕事を始め、私は精神的に参ってしまいました。

ですが私は仕事が忙しい彼に中々そのことを相談せず、彼は私に申し訳なさがあったんだと思います。

また、私がこんな状況でかつ年上であるという責任感から彼も余裕がない時に私に甘えることができなくなっていました。

そこで彼は「自分は力不足だ」という気持ちと「本当は自分も甘えたい」という気持ちが募っていたんだと思います。

 

②彼自身が常に抱えている「孤独」に気づけなかった

頼れる上司や同じ仕事を共有する同僚もいない中、いつも仕事が忙しい彼は平気そうにしていましたが「孤独」を抱えていました。

わたしはそれに気づき、理解することが必要でした。

その「孤独」から生まれるプライドの高さや責任感の強さが彼をさらに追い詰めたのだと思います。

 

今後のアプローチ

  • 愛情を押し付けないこと
  • 感謝をしっかり伝えること
  • 彼のいいところを見つける
  • 私の状況が良くなっていく様子をアピールすること

 

また、連絡の切り出し方は「用件のはっきりした内容」とのこと。

 

返信で感謝の気持ちを伝える

積極的に話を聞く

やり取りを重ねて信頼関係を築く

口実をつけて会う

 

の流れがはやい段階での復縁の流れだそうです。

この通りのシナリオとはいきませんが、方向性を示してくれるだけでも「まだ道はあるのか!」と自分を奮い立たせることができますよね。

少なくともこの「無料相談」の結果を一つの理由として私は彼に連絡をすることができました。

これからどうなるのかはまだわかりません。

 

最後に、失恋して4日が経ちましたが

今まで失恋は「喪失」だと思っていました。

もちろん「喪失感」はとても大きくて、未だに朝起きると不安感に襲われます。

ですがそれと同時に「自分の将来に可能性が広がったこと」や「日常生活からひとつ縛りが減ったこと」への解放感も感じつつあります。

今やっと、彼のことを抜きに私単体で将来について考えることができています。

だからこそ、改めて彼との将来について考えてみたいとも思っています。

次彼に会うまで、人として少しでも成長していればという気持ちをモチベーションにしばらくは頑張ります。

 

そして、この失恋を通してあらためて私の周りの人々のありがたみを感じました。

友人に励ましてもらい、家族に助けてもらい、本当に本当に幸せものだと感じることができました。

誰も読まないだろうけどこの場を借りてお礼を言いたいです。

 

それでは、また、近いうちに結果報告しますね。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

ぽたます

 

自己分析をすると自分の本当の考え方が見えてくる!?

こんばんは。

3か月後の就職活動を控えて、今日は自己分析の時間がありました。

大学生のころの就活以来でした。

自分のことを考える時間って人生のなかでとても少ない!

●最近の自分って本当はこう思ってるのね。

●自分が考える今の強味や弱みって…

●未来はこうなりたいのか!

 など自分の発見がありました。客観的に自分を見る時間ってとても大事。

私の内容と一緒に、自己分析の内容を以下お知らせします。

 最低限の価値観

今までの仕事やアルバイト経験で熱中したことや没頭した経験から、あなたの仕事に対する価値観と思われるものを3つ書き出してみましょう。

  1. 精神的・身体的に健康でいたい。
  2. 作る、文章を書く仕事がしたい。
  3. 仕事の内容が偏った価値観に左右されず、良好な人間関係を築きたい。

強味や弱み

あなたの強味だと考えられるところを最大3つ書き出してみましょう。

  • 私の強味は 思い切りがあるところ です。
  • 私の強味は マイペースなところ です。
  • 私の強味は 人の期待に精一杯応えたいと思うところ です。

 

弱みを3つ書き出し、その改善や克服のためにどのようなことが必要か考えてみましょう。

人間関係を作る、維持することが苦手なところ(特に上下関係)

人との初対面の挨拶、目を合わせての会話ができず、現在の接客のアルバイトはそういうところを克服していきたいと思い始めました。まずは信頼の構築から始めたいと思います。また、「わからない」と思っていることや感謝している気持ちなど、自分の気持ちや状況を遠慮せずに素直に伝える必要があります。

忍耐力がないところ

これから小さな成功体験を徐々に積み上げていくことが重要だと思います。

メンタルを強くしたいとも思うけれど、その方法は思いつかず、どうすればいいのかはまた誰かに相談できる機会があったらいいです。

おおざっぱすぎるところ(細やかなところまで目が行き届かない)

●まずはアルバイトや授業、私生活で目の前にタッチはだかった文章の読み飛ばしを試合用にすること。

報連相を人に遠慮せずにこまめに行うこと。

●情報収集を怠らないこと。

が必要だとおもいました。

あなたへの期待

あなたがこれまで仕事場の上司から期待されると思ったことを3つ挙げましょう

新しい意見・細やかで正確で行き届いた作業・素早い対応

あなたはどのような立場・役割・分野・場所で働きたいですか。

立場:信頼できる上司のいる職場

役割:サポートからスタートしゆくゆくは一人でモノづくりを。

分野:webデザイン・接客・事務など様々な分野を視野に

あなたはどのような働き方がしたいですか?

健康的で自分の時間を守れるくらいの仕事とプライベートの区切り・バランスはとりたいです。勤務地はある地方を希望していますが、いずれは在宅ワークやリモートワークなどをこなして全国を転々とできる仕事の技能を身に着けたいです。

給料はいいことに越したことはありませんが、最低限生活ができるレベルであれば昇給にこだわりはありません。

昇進したいという上昇志向もあまりもっていません。

 

以上!今日の自己分析の内容でした。

このことから今日は

  • 何が原因で信頼関係の構築をすることができないのか。
  • 期待に応えたいのはどういう人たちなのか。

を考えながら寝たいと思います。

 

おやすみなさい

 

ぽたます

 

 

 

今日も3時間寝て過ごした私の近況を報告します。

なんていうことだ。

 

メンヘラがなんか新しいことを始めている

仕事を辞めて超有名カフェチェーン店でバイトを始めて、先週から半年限定で晴れて学生になった。

新しいことを始める(厳密には人生をやり直す)ってとても大変だ。

自分をこんなにもすり減らすだなんて思わなかった。

どうして今までは新しいことを始めることが大変だと思わなかったのだろうか。

私の現在の状況をブロガー風に分析してみる。

 

そもそも、人生の節目で新しいことを始めるのは当然。

これに尽きる。

私は今まで控えめに言ってとても恵まれている環境に育った。

(もちろん今も恵まれている環境にいることを忘れてはいけない)

小学校から大学までほとんどいじめらしいいじめにあったことはなかったし、運動はできなかったけど勉強はあまりしなくてもできる方だった。

学生社会を生き延びるために不自由しなかったし、サボれるぶんにはいくらでもサボることができた。

結果、撃たれ弱くなったのだ。

他の人と違う人生を選んだ瞬間に、それがとてつもなく大きいものに見えてきてしまってその瞬間に、折れた。

だけど私の人生の中で今は「節目」なのだ。

人と違うタイミングではあるが学生になった。

いつも学校に入学した時となんら変わらない、そう思う必要がこれからある。

 

毎日毎日とてつもない劣等感に襲われる。でもそんなことじゃ人は死ねない。生きる。

でもそんな中で二つ、

生活が良くなったと感じることがあった。

 

新しい割と健康的な生活を始めて良くなったところ

①体が健康になった!!

以前はほぼ毎日コンビニ弁当・外食・冷凍食品の生活だったけど、

週に2回ぐらい自炊をするようになって体がとても健康に維持できるように感じる。

以前はあまりなかった食欲を最近感じるようになった。

食べることはとてもすごい。

エネルギーはため込むだけで生きる力になる。

アトピーで夏場も荒れ放題だった肌荒れももずいぶん落ち着いた。

 

②身近な人たちと連絡を取る時間を大事にするようになった。

前はただただ繋がっていることに必死だった。

家族・友人・恋人(恋人こそ大事にしなければならないのに)

人との繋がりそれ自体に悪い依存の仕方をしていたのだと思う。

私は新しい地に来てまだ半年で友達がいないから、身近にいる人たちと言えば県境をまたいだ先にしかいないんだけど、その人たちがラインで連絡をとるのを含めて私と過ごす時間が有効なものであったらいいなと思うようになった。

新しい関係を作ることにまだ労働力をかける時期ではないので、今持っている関係を持て余すことなく大事に、もっと質の高いものにしていけたらいいなあ。

なんだこのポジティブ。

 

これからこなしていきたいと思うこと

①自分の生活をもっと整える。

ブログタイトルにもあるように私は夜寝る時間以外に、毎日3時間寝て過ごす時間がないとだめな人間。

その時点で人としては相当ダメなんだけど。笑

主に家事。料理・洗濯・掃除がしっかりできるようになりたい。

今はやる気があるときにまちまちなので少しずつこなす量を増やしたい。

年末にかけての断捨離も進めていかなければ。

②勉強と在宅ワーク

勉強と在宅ワークをする空間を家でももてたらいいなと思う。

わざわざ外に出るようなお金もかからないし。

家にも緊張感をはらむ場所が欲しい。

 

以上!近況報告。

読んでいただきありがとうございます。

 

ぽたます

高めあえる関係を築きたいあなたに/赤裸々に7か月目の遠距離恋愛のレビューしてみます。

遠距離恋愛」なんて、

言葉の響きだけはカッコいいような、だけどとても大変そうな…。

友人カップルが学校を卒業したり退職を機に遠距離恋愛を迎えるのを眺めていましたが、やはり3か月も経たずに別れてしまうカップルがとても多い!

それだけ苦労も多く、根気がないと続けられないものでもありますよね。

若かったらなおさら、遠くの恋人に想いを馳せるよりも

新しい地で新しい出会いを求めた方がいい、と考えるのもおかしくありません。

f:id:totsuzen_ne:20161111013720j:plain

そしてそんな私ぽたますも絶賛遠距離恋愛中!

私の考える遠距離恋愛のメリット、悩みなどなど

あくまで女性目線(というか私個人の目線)でお伝えします。

 

私の「遠恋」プロフィール

  • 二人の属性:フリーター₍私₎と社会人₍年上彼氏₎
  • 交際期間:2年以上
  • 遠距離恋愛歴:半年
  • 距離:約150キロ(新幹線で会いに行ける距離)
  • 会う頻度:一か月に1回
  • 連絡頻度:LINEほぼ毎日4~5回のやり取り

遠距離になる前は1年半ぐらい私は大学生で半同棲のような生活をしていました。

私の就職と引っ越しを機にきっかけに彼は車を買い、普段は新幹線・電車と車でお互いの生活圏を行き来しています。

少なくともあと半年はこのような生活が続く予定です。

 

遠距離恋愛のメリットは

①一人で使える時間がダントツに増える

f:id:totsuzen_ne:20161111015108j:plain

プライベートで相手のために使う時間がグンと減るので「自分のための時間」に切り替えることができます。

趣味に没頭するのもよし、友人と会う時間に充てる時間にするのもよし、相手が遠くにいるのをいいことに異性の₍恋愛感情を一切抱いていない₎友人と二人で遊びに出掛けるなど、とにかく自由に「自分のための時間」として活用できるようになります。

自分の友人関係を見直すいい機会になり、少し疲れたときに相談する相手の幅も広げることができるかもしれません。

それまで彼氏が近くにいるからと怠っていた人間関係もあったんじゃないでしょうか?

それを洗いなおすチャンスかもしれません。

②相手との関係性をよりよく見つめ直すきっかけになる

私自身「彼とは常に支えあいつつも高めあえる関係」でいることが理想でした。

半同棲の時よりも連絡が増えましたが、そばにいたときよりも相手について持っている情報がグンと減ります。

ですがそうすると、相手の言葉に対する感度が非常に高くなります。

月に1~2回の電話でも声だけで相手の体調や気分を読み取れるようになり、電話の時間をいかに相手にとって有意義な時間することができるか考えます。

そうすることによって相手に対するこちらの態度もとても丁寧になります。

「彼は今落ち込んでそうだから、ゆっくり話を聞いてあげようかな」とか

「私にとってもあなたにとっても今の状態は良くないから、考え直してみない?」と提案したり二人の関係をバランスよく保とうと思うようになりました。

「付き合っている中でせめて連絡するときや数少なく会える時はバランスよくお互いの気持ちを良く保ちたい」というモチベーションが芽生え、会う時間の密度が高くなりました。

 

遠距離恋愛の悩み1

連絡の回数や会いに行く時間などどれだけ甘えていいのかわからない

1⃣連絡の頻度

f:id:totsuzen_ne:20161111015434j:plain

遠距離恋愛になると当然、会えない分の連絡の頻度が増えます。

  • 「できれば毎日連絡したいけど迷惑じゃないかな?」
  • 「忙しくて連絡したくてもタイミングが合わなくてすれ違う」

など連絡の回数が多すぎるのも少なすぎるのも気になりますよね。

ちなみに私は一日平均4~5回の連絡で私が一方的にLINEをして既読スルーされるのがしょっちゅうです。周りの話を聞いていても、男性がLINEを返さないのってよくあるようなのであまり心配しなくてもいいと思います。

まず基本はこの3つ。

  • したいときに連絡をする
  • 既読無視されてもいい内容を送る
  • すぐにあきらめる

送りたい用事があるときは送ってよし。

ですが返事は期待してはいけません。

私の場合ですが「おはよう」と「おやすみ」の挨拶は一日どちらかして、返事もらえたらベストかなと思っています。うまくいけば挨拶ついでにちょっと質問したり、短く済む内容を送って相手の生活の現状をさぐります。

2⃣会いに行く

f:id:totsuzen_ne:20161111015514j:plain

遠距離だとまずは会いに行くところから体力を使います。

会ったあとの心の余裕をもっておくためにできるだけ体力・気力を消耗しない移動方法を選びましょう。

私が彼に会いに行く場合

  • 行き:電車か高速バス(3時間半)
  • 帰り:途中まで車で送ってもらう(1時間半ぐらいの距離)→新幹線にのって帰る

行きのバスと電車は結構疲れるんじゃないの?

と思うかもしれませんがこれが意外、私自信は電車の揺れが心地よく過ごしやすいし、高速バスは乗り継ぎなしでまっすぐ目的地まで連れて行ってくれるのでストレスが少なく会いに行くことができます。

帰りは彼の車で途中まで送ってもらい、残りの80キロぐらいの距離を新幹線1駅ぶんぐらいで帰ります。お互いの体力に無駄がないところで折れて、公共交通機関を使用するのはお互いの体にも心にもストレスになりません。

(もちろん、私を1時間半送った帰り道は長くてごめんね!と思いますが、彼は運転が趣味というほど車の運転が好きみたいなんです)

 

一月に1回っていうのは遠距離恋愛の友人の話を聞いても結構会っているのではないかと思っています。でもやっぱり毎度同じ過ごし方になってしまったり、同じお店に行ったりしているとせっかく来たのに…と落胆するようなきもちになることもあります。

そういった時は

  • 不安に思う気持ち・いつもの感謝を手紙に書いてみる
  • 相手の家での家事を相手のいない間や目を盗んで必要以上に頑張る

など私からの歩み寄りを行った上で「いつもと違う時間として過ごそう?」という流れや提案に持っていきます。

せっかく遠くまで移動しているんだからせめて会える時間はを大事にすることを諦めず、相手にもそうした気持ちを失わせないようにしましょう!

 

遠距離恋愛の悩み2

先行きが見えない不安。

あなたの遠距離恋愛は、今後の同棲の約束や結婚の確固たる約束・向かうべき方向はありますか。

結婚も同棲の約束もないのに遠距離恋愛を続けるのに、理由がわからなくなってしまいます。さらにもし、相手に結婚の意思がないとしたら、今の遠距離恋愛の時間が無駄になってしまうかもしれません。

これに関しては二人の未来という大きな問題だから簡単に拭うことはできませんね。

私も正直不安真っ只中。

ここの解決方法ってとても難しいと思います。

ですが私まずは気持ちを素直に伝えてみることが必要だと思います。

手紙でも、電話でも、会ってからでも。

「あなたと遠距離恋愛をしていて非常に不安を感じている。

それは先行きの見えない不安で、結婚や同棲という形までは考えていなくても

これから少しでも私と一緒にいたいという気持ちがあったら伝えてほしい。」

と口にしてみるのです。結婚願望があれば相手はともかく自分もいつか結婚をして子供を産む幸せの選択肢があることを伝えるのは良いことです。

どうしてもそうした話題に踏み切るのが難しいければ、

2か月3か月先どこかに旅行に出かけるという短い時間でも先に特別な約束を取り付けることによって先へ不安は一時的に解消されるかもしれません。

f:id:totsuzen_ne:20161111015607j:plain

ですが、大人になって遠距離恋愛をする「時間」ってとても貴重なものだと思います。

じっくり育てるうちに、そんなつもり微塵もなくても他の出会いを見逃すなんてこともあります。それだけ遠距離恋愛をするということは相手の時間に「責任を持つ」ということです。

相手の時間に責任をもつのだからその先にそれだけの「覚悟」は私にも相手にも必要になってくるのではないでしょうか?

そういう話ってついつい先延ばしにしがちですが、思い切って伝えてみてはいかがでしょうか?

私も次会うときには伝えてみます!

 

それでは、遠距離恋愛報告次回もおたのしみに。

 

ぽたます

新卒半年で仕事を辞めてフリーターになります。

じこかんりぶろぐ、お久しぶりです。ぽたますです。

自己管理が全くできない私がついに半年で社会人をやめることになりました。

何たるくそ野郎…

今の会社は10月末までの出勤です。

11月からは晴れてフリーターに。

 

原因は「適応障害」なるもの

 

実は6月にも同じ病気が原因で会社を辞める予定でしたが部署を移動することで何とかつなぎとめるような生活を送っていました。

移動先の皆さんはとても素敵な人たちで

私の気持ちの状態にとても理解があって、私のペースを待ってくれる人たち。

8月ごろまでは調子も良く元気に社会人生活を送っていました。

しかし9月に入りまたもや気持ちの不安定さにより再発状態に。

気持ちとしては、

□こんな状態に陥るくらいなら死んだ方がましだ

□どうしても会社の方針を理解できない

□3年もこの仕事はできない

□いつか辞めたい

□毎日突然現れる言いようもない不安感

 

など。体の状態は、

 

□食欲が沸かず痩せていく

□寝付けず夜中に何度も起きる

□痛み止めが効かない腰痛

□頭痛

□動悸

 

などが毎日続く状態です。

 

今回この決断に至ったのは

大切な人からの「会社を辞めないと縁を切るよ」の一言でした。

私はそれがとても嫌だからやめる決断をしました。

その一言はきっかけに過ぎず、もう辞めることは私の中では決まっていたと思います

(会社ではボーナスがなかったり、減給があったり、日付をまたぐまで残業する人がいるなどで新卒の私にとっては不安に思うポイントが非常に多かったのです)。

翌日には会社に相談、翌週には辞めることが決定。

突然の決定で会社はてんやわんや。

風当たりも強いけれどそれも当然です。

 

辞めることが決まったその日は不安で不安で表面上は理解してくれている友達に連絡をしまくりました。普段は弱いところを絶対に見せたくないと思う姉にも。

もちろん、それは「大丈夫」「まだ終わってないよ」という言葉が返ってくるとわかってて言わせたかったからでした。

縁を切るよ、と言われた人物にも経過を報告すると「よかった」と一言。

ひとまず私は気持ちのとても浅いところで安心を得ることができました。

人ってなんて弱がるのが上手な生き物なんだろう。

弱がれば誰かが守ってくれると思ってる!!!

そう思いつつもすがるだけでした。

 

そもそも、普通の社会人はそんなことで仕事を辞めるわけない、

 

と頭の中ではわかっているのにそれができていないのです。

病気と思い込むのはとても安易だけれども仕方ない。

だけどいつか社会で生きる限りはそれを乗り切らないといけない日が来る。

だけど、それが今のタイミングじゃなかった。

しかし先延ばしにしては何も変わらないから次の場所では乗り切らなければならない、と思うことにしています。

明日から、一月後に辞める会社に通うことになります。

期待を裏切った身として過ごす日々です。

とても怖い。きっと耐えられない!!

でもどんなに愚痴を言っても私は死なない。

それならどんなに腰が重くても、気持ちの状態が前を向かなくても次に向かって

の何かを考え続けたい!

有言実行できないかもしれないけど、もういいや、昨日誰かが言ってた。

有言実行が「有言」の方が大事なんだと。

勢いしかなくて不安定なばかりの自分を、

ちゃんと自己管理できるように。

 

ぽたます

 

 

 

 

 

 

 

11月12日すごすこと

今日は計画無しに。
やらなければならないことは沢山あるのでその時その時、と過ごしています。

朝早く起きたものの、おはぎさんとLINEしていたので「私の男」観れず。
でもそれはいいとして、おはぎさんのモヤモヤが解消されてればいいな。
そんなこんなで午前中はまったり過ごして、午後から15時までは図書館で週刊誌AERAを読み漁っていました。就職活動の情報収集なのですが、これが案外楽しくて。本とか雑誌とか全然読まなくてスマホのキュレーターサイトをよく覗いていたけど、自分にはAERAぐらいの内容量がちょうどいいのだということがわかりました。とりあえず来週の最終選考まではとにかく吸収に徹しようと思います。

さて、帰宅してからはその選考先の会社のウェブテスト。自宅で受けたけど自分の場で緊張することってあるのね。緊張しすぎて全く解けなかった。つらたんです。持ち駒最後の一つの企業も落ちてしまい、後がない状態。とりあえず今の選考が終わったら就活はお休みなので、今を頑張るしかない。そんな状態です。
怖いな。

それから夕方にはたまのところに行って、今はたまのお世話中。というか私が構ってもらってるな笑

f:id:totsuzen_ne:20151112173011j:image

この前、紅葉を持ってかえったら興味津々!
今度はもっと大きくて綺麗なの持っていくね〜

それでは。


ぽたます

11月11日のけいかくはんせい

こんにちは。一日空きました。昨日のことは今日の夜書こうと思います。

今日のけいかくは!

 

~14:00 お化粧・お部屋をきれいにする

      →帰ってきたときに気持ちよく晩御飯を作れるぐらいにはきれいにしたいです。

洗濯物片付けたし、テーブルの上も片付いていたので晩御飯を作るときに妨げになるものはなかったけれど、「気持ち良く」とは言い難い

 

14:00  大学に行く(図書館)ペンを購入するなどで30分オーバー

 

~17:30 卒業制作・就活等図書館でできることを

      晩御飯のおかずとか合間に決めちゃいたいねきっかり!

~18:00 買い物を終えて帰宅

~19:30 晩御飯を済ませる(食器洗いまで)1時間半では終わらないので見直しの余地あり

~20:00 お風呂~20:30

~22:00 卒業制作(編集)

~23:00 自由

~24:00 卒業制作

 

20:30以降は就活の手続等で制作には手を付けず。ベッドにごろごろして記事漁り。22:00過ぎてからお皿洗ってそれでもやる気でないところではてな更新(イマココ)。おはぎさんからもラインが来てごろごろしちゃう。

 

       

 

 

明日8時に起きれたら「私の男」を見たいです。

それではまた

 

★反省

 

ゆるゆるで行こう!

 

 

ぽたます